三河「ガラス工芸美術館」の口コミは?SNS映え必須!エモい写真が撮れる?

巨大万華鏡で有名な三河のお出掛けスポット「ガラス工芸美術館」

今回はSNSで映えると話題の愛知県西尾市にある三河工芸美術館の口コミをご紹介していきたいと思います。

「花咲タイムズ」などのTV番組からも取材を受けているスポットなので、”インスタ映え”の写真を撮影したい方はオススメですよ!




三河「ガラス工芸美術館」の見所!

到着するとまず見えてくる建物が美術館。かと思いきや、フェイントでさらに奥にある建物がガラス工芸美術館になりますのでご注意ください。

(ちなみに初めに見えていた建物はガラス作品を購入できるショップとなっています。)

 

そして美術館の入り口近くには木で作られたキャラクター?のモリ4兄弟がお出迎えしてくれます。ここは小さい子供の撮影スポットにいいですね。

西尾市の三河工芸ガラス美術館で巨大万華鏡に入っちゃお!アクセスと駐 ...

 

入場料は一般が720円、小人460円、幼児310円とリーズナブルです。

 

前日までに要予約ですが、ガラス作品を実際に作ることもできるようです。

思い出にも残って楽しそうです!

三河工芸ガラス美術館 | 【公式】愛知県の観光サイトAichi Now

 

階段には美術館を訪れた有名人のサインが飾られています。

  • 花咲タイムズ
  • スタイルプラス
  • 坂東リサーチ
  • ウドちゃんの「旅してゴメン」

など、数多くのTV取材を受けているようで期待が高まります。

    

 

階段を上がると暗い部屋にガラスがライトアップされていて幻想的な雰囲気でとても綺麗です。面白い仕掛けもありました。

 

そして、ここの美術館を有名にしたといっていい目玉のコーナー「巨大万華鏡」

 

部屋全体がガラスばりの万華鏡となっていて光と様々な模様の色が鏡に反射してまさに”巨大な万華鏡”の中にいる体験ができます!

万華鏡の仕組みを体感!作り方も学べる「三河工芸ガラス美術館」へ ...

自分がそこに入ることによって作品が完成するようです。ここは写真映え間違いなしです。

ただ1組ずつ入るのですが、時間が決まっているので周りの綺麗さに感激していると一瞬で時間が終わります。

 

あらかじめポーズをイメージして撮影することをオススメします。個人的には全身を黒い影として撮影するとオシャレだなと思いました。

東海地方のお出かけスポットにオススメ!ギネスにも登録された世界最大 ...

 

実際に入る前にモニターで中の様子が見れる(次の人に見られている)形式なのと、つい動画で撮影したくなりますが、携帯での写真撮影のみ許可されているのでご注意下さい。

 

巨大万華鏡で感動した後はまたガラスの作品たちがお出迎えしてくれます。

 

次の部屋にも小部屋があって万華鏡ではないですが一面ガラス張りになっていて不思議な雰囲気を味わえます。

三河工芸ガラス美術館 ~今までとは違った美術館の楽しみ方とは!?~

ここはそんなに暗くないので顔も写真に写ります。そして、並んでなかったせいか素通りしてしまいそうでした。(笑)

 

さらに階段を上がると、なぜか「映画とモデルガンで綴るてっぽう展示館」というコーナーが現れます。

ガラス工芸美術館なのでは?と疑問に思いつつ中に入るとたくさんのてっぽうが展示されています。これは・・・マニアな人にはたまらないのでは?!

 

ここでも、おもしろ撮影スポットがあります。人が少ないので写真が撮りやすいかもしれません。

美術館 | 三河工芸ガラス美術館 | Mikawakougei Glass Art Museum

 

 

最後は色々な万華鏡を体験できるコーナーです。

実際に動かしたりしながら見られるのは楽しいですよね。ここにもおもしろ撮影スポットがありました!カップルや友達と撮影するのにピッタリです。

デートぴあっと東海 - 三河工芸ガラス美術館 巨大万華鏡 デート ...

 

三河「ガラス工芸美術館」アクセス

 

住所:愛知県西尾市富山町東郷5

開館時間:10:00 – 17:30(最終入館は17:00)

休館日:月曜、第1火曜定休( カレンダーで確認

電話:0563-59-3334

最寄り駅:福地駅[出口]から徒歩約32分

公式HP➡︎「三河工芸ガラス美術館」

 

 

三河「ガラス工芸美術館」の口コミは?SNS映え必須!エモい写真が撮れる?まとめ

今回は三河ガラス工芸美術館についてご紹介してみました。

評判どおり、写真映えするスポットがいくつもあってカップルや友達とちょっとお出掛けするにはオススメなスポットでした。「巨大万華鏡」は体験する価値あります!

コロナで思うような生活が出来ず、最近イライラしたりしている人は三河ガラス工芸美術館に行って癒されてみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です