「空飛ぶクルマ」実用化はいつ?スロバキアでは35分間の飛行に成功!

ニュースでも度々話題になっている「空飛ぶクルマ」

何十年も前から国内外で開発が進められていますが、実用はいつ頃を予定しているのでしょうか?

6月30日には、スロバキアで35分間の飛行に成功したとのニュースも報じられました。

今回は国内外で進められる「空飛ぶ車」の実用についてご紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください♪




「空飛ぶクルマ」実用化はいつ?

空飛ぶクルマの開発を進める「Sky Drive社」

ドローンの普及によって「空飛ぶクルマ」というワードがニュースでよく流れるようになった現在。

日本国内から世界各国まで、空飛ぶクルマについては何十年と開発が進められてます。

 

そんな中、2020年の夏、社内での有人飛行を成功させたベンチャー企業があります。

その会社の名前が「Sky Drive」

その名の通り、当たり前のようにクルマが空を走る未来を目指している企業です。

 

ちなみに「Sky Drive社」は空飛ぶクルマの開発だけでなく、災害時に物資を円滑に届けるためのドローンも開発しています。

豊田市からも開発援助を受けているほどSky Drive社の技術力が認められているようです。

 

空飛ぶクルマの実用予定はいつ?

空飛ぶクルマ」はいつ実現するのか?(空飛ぶクルマ入門)』セミナー5 ...

国内外で急速に開発が進められている「空飛ぶクルマ」

では私たちが運用するレベルまで普及するのはいつ頃なのでしょうか?

 

「Sky Drive」の最高技術責任者・岸 信夫氏はこう語っています。

「2030年には”空飛ぶクルマ”が空を行き交う姿が見られるようになる」

今から10年も経たない間に、無人の空飛ぶクルマを普通に見られるような時代になるよう工程表を組んでいるようです。

空飛ぶクルマ」が行き交う時代がやってくる! 気になる実用化は ...

23年には有人による運行サービスを二人乗りでスタートさせ、25年の大阪万博の開催時には一定の認知が得られることを目標に据えている」

と語っているので、これから「タクシー感覚」で空を行き来するような近未来を見据えた上で、「空飛ぶクルマ」の開発を進めているのだそうです。

 

空中での交通ルールを作ったり、離発着場を作ったりと、技術面以外にも多くの課題がありますが、気軽に空中を移動できる未来が見えているのは楽しみですね!

現在では自動車の自動運転も普及している中で、目標の2030年には「完全自動運転の空飛ぶクルマ」が当たり前の時代になるとの事・・・

三重県|空の移動革命

まさにドラえもんの世界です(笑)

 

ちなみに「空飛ぶクルマ」と「飛行機」の違いって何なのでしょうか?

ネットでも疑問を持っている方が多い印象だったので、別記事でまとめています。

ぜひご覧ください⬇️

 

「空飛ぶクルマ」スロバキアでは35分の飛行に成功!

 

日本国内では「Sky Drive社」が開発を進める中、今週大きな進捗を報告したのがスロバアキアでした。

なんと、スロバキアの中核都市ニトラから、首都ブラチスラバまでのおよそ70キロを35分で飛行、着陸まで無事成功させたのです。

ロンドン(CNN Business)空飛ぶクルマを開発しているクラインビジョンは6月30日、スロバキアで行った試作機の試験飛行で、同国の2都市間を結ぶ35分間の飛行に成功したと発表した。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/20458605/

 

実用化に大きく近づけたのは、中欧スロバキアに本拠を置くクレインビジョン(Klein Vision)という会社です。

実際に運転したのは、最高経営責任者(CEO)兼、最高技術責任者(CTO)ステファン・クレインさん本人です⬇️

 

空を飛ぶ為の変形はボタン1つで行うことができ、陸用に戻る際にも翼を車体へ格納し、一般車両として公道を走行することができます。

「陸・空」間の変形に所要する時間は約3分なんだそうです。

「クレインビジョン」は、これまでに20年以上の歳月を「空飛ぶクルマ」に費やしたそうです。

kawamura_klein_vision_top

Sky Drive社よりも「クルマ」に近いビジュアルをしていますよね。

プロペラも少ないのでスタイリッシュな感じもします。

 

6月30日のニュースで、技術的にはスロバキアが先に進んでいる印象が世界中に伝わったことでしょう・・・

日本のSky Drive社は2030年を目指して取り組んでいるようですが、スロバキアではもっと近い将来に無人運用されるのではないでしょうか?

 

「空飛ぶクルマ」実用化はいつ?スロバキアでは35分間の飛行に成功!まとめ

今回は「空飛ぶクルマ」の実用化はいつなのか?という内容で記事をまとめました。

国内外で急速に開発が進んでいる現在。

私たちの想像する夢のような未来は、もう近い将来に叶ってしまうかもしれませんね・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です