『どうする家康 1話』何歳の設定なの?松潤がぴょんぴょん跳ねるシーンが話題に!

2023年1月8日に放送された、松本潤さん主演の大河ドラマ『どうする家康』第一話では、松本潤さんが家康の幼少期(竹千代)を演じていました。

ぴょんぴょん跳ねるシーンに

『これって何歳の設定?』

と疑問を抱く方が多いようです。

そこで今回は「どうする家康」第一話は何歳の設定なのかご紹介していきます。




『どうする家康 1話』何歳の設定なの?

2023年1月8日に放送された、松本潤さん主演の大河ドラマ『どうする家康』

第一話では、家康の幼少期(竹千代)の姿が描かれていました。

 

ネットでは

『何歳の設定なの?』

と疑問を持つ方が多く見受けられました。

 

結論から言うと、14歳前後です。

物語は13、14歳ごろの家康と瀬名の出会いが多く描かれる。

松本はその当時の年齢の家康を演じた感想を問われると

「逆にいかがでした?」「きつかったですか?」と“逆質問”。

それでも「なかなか今、その役(14歳前後)を演じてくれと言われることもないので、楽しんでやらせてもらいました」と話し、

「出会いのシーンなので、初々しさや世界観に助けられながらとにかくピュアに演じました」と回顧。「瀬名の明るさ、有村さんの持っている空気に僕は助けられました」と瀬名役の有村に感謝した。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/bb004cd9a951b9abc6bc71fc4f11532e0a2074a8

 

現在『どうする家康』に関する本・書籍が人気です↓

  • ガイドブック (インタビューや舞台地紹介・登場人物関係図など)
https://amzn.to/3Iox3dV
  • ノベライズ本 (大河ドラマを小説化)
https://amzn.to/3IlylX9
  • 歴史ハンドブック (作品の時代背景が分かる)
https://amzn.to/3WZZKlp

 




『どうする家康 1話』松潤がぴょんぴょんするシーンが話題に!

画像

 

ネットでは松潤がぴょんぴょん跳ねるシーンが話題になっています↓

 

『どうする家康 1話』何歳の設定なの?松潤がぴょんぴょんするシーンが話題に!まとめ

14歳設定を演じた松潤でしたが、やはり違和感はあったようですねw

そう言ったシーンも含めてドラマを楽しみましょう♪

 

家康の生涯を分かりやすく解説↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました