「僕愛」「君愛」 聖地巡礼を紹介!舞台になった大分の交差点や公園の場所は?

10月7日に同時公開される映画

『僕が愛したすべての君へ』

『君を愛したひとりの僕へ』

大分市出身の作者・乙野四方字さんによる大ヒット作が待望の映画化となりました。

そこで今回は、「僕愛」「君愛」 の聖地で舞台(モデル)となった場所をご紹介していきます。

象徴となった交差点やレオタードの女・公園や橋など、様々な大分のロケ地場所をお伝えしていきます。

『作品の聖地巡礼をしたい』という方にオススメなので、最後までご覧ください♪




「僕愛」「君愛」 聖地巡礼を紹介!

 

10月7日に以下2つの映画が同時に公開されます↓

  • 「僕が愛したすべての君へ(僕愛)」
  • 「君を愛したひとりの僕へ(君愛」

 

今回は、そんな2つの作品の聖地(モデル)となった場所をご紹介していきます。

 

原作もチェック↓

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)
人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された時代――両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦(たかさき・こよみ)は、地元の進学校に入学した。勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音(たきがわ・かずね)に声をかけられる。彼女は85番目の世界から移動してきてお...
君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)
人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界―― 両親の離婚を経て父親と暮らす日高暦(ひだか・こよみ)は、父の勤務する虚質科学研究所で佐藤栞(さとう・しおり)という少女に出会う。 たがいにほのかな恋心を抱くふたりだったが、親同士の再婚話がすべてを一変させた。 もう結ばれないと思い込んだ暦と栞...

 

昭和通り交差点

交差点

「君を愛した~」この作品の象徴とも言える交差点。

これは大分の昭和通り交差点です。

 

住所:大分県大分市荷揚町1−32

 

レオタードの女

少年と銅像

こちらも作品を象徴する『レオタードの女』

予告PVでもチラッと映っていますね。

 

このレオタードの女は『ホテルフォルツァ大分』というホテルの前にあります。

女の銅像

 

住所:大分県大分市中央町1丁目5−20

 

プロポーズした高台の公園

男と女

夜景スポット

 

「僕愛」の主人公・高崎暦がヒロインの瀧川和音にプロポーズした高台の公園は、霊山鐘楼展望台(りょうぜん しょうろう てんぼうだい)』

展望台

美しい工場夜景を見ることができます。

 

住所:大分県大分市岡川

 

こんな険しい場所まで自転車で来たのは若いですね・・・




大野川日豊本線 鉄橋

鉄橋と電車

 暦と栞が、お互いの親同⼠の 再婚を知り、途⽅に暮れていた場所 季節の花を楽しむことができる 大分市内でも有名な撮影スポット「⼤野川⽇豊本線 鉄橋

 

具体的な場所は「鶴崎駅」-「大在駅」間にある鉄橋だと思われます。

下には大野川が流れています。

住所:大分県大分市東鶴崎1丁目1−27付近

 

YouTubeにあがっていた動画では、赤と白の同じ電車が走っています↓動画1分50秒〜

 

ネットでは以下のような青い橋がモデルとして掲載されていましたが、調べてみるとモデルになった橋は違うのでは?と感じます。

青い鉄橋

 

調べてみると、この青い橋は『鶴崎橋』

 

映画のシーンと比較すると色的にはこっちの橋かな?と感じますが、この鶴崎橋は自動車が走行する橋であり、電車が走る橋ではありません。

 

したがって、ネットにあがっていた青い橋「鶴崎橋」は映画シーンの鉄橋ではないと判断しました。

 

住吉緑地

公園イラスト

公園

「君愛」の予告PVで暦と栞がいた公園。

見た目が完全に一致しますね!

 

実際の公園がすごく忠実に再現されているように感じます。

公園2

公園アニメ2

 

公園の名前は『住吉緑地』

公園3

 

住所:大分県大分市勢家2丁目9

 

虚質科学研究所

男と女アニメ

「君愛」で、暦が栞と出会った『科学研究所』

父親が勤務している場所ですね。

 

調べてみると、虚質科学研究所は実在しないようです。

書店から出ていた情報によると「府内大橋近辺の大分川沿い」と記載がありました。

聖地スポット

 

地図の位置的には「大分刑務所の辺りかな?」という感じです。

刑務所

 

住所:大分県大分市畑中5丁目4−1辺り




『シダックス 大分都町店』

カラオケ店

駅前から徒歩15分のカラオケボックスは、『シダックス都町店』がモデルになっています。

 

しかし、当時存在したシダックスは現在潰れています。

建物

 

住所:大分県大分市都町2丁目1−6

 

ヲタク居酒屋 をためし

居酒屋看板

「君愛」青年期に和音と訪れた佐藤所長チョイスのお店。

 

店の名前は『ヲタク居酒屋 をためし』

ビル

同じ建物にオタクBARやオタカラオケもあります。

 

住所:大分県大分市中央町2丁目2−21 ニュー若草ビル

 

大分市美術館

象の銅像

「君愛」で困ってる人を探しに来た美術館は『大分市美術館』です。

 

住所:大分県大分市上野865




高崎家

住宅

“昭和通り交差点まで徒歩で20分”と本文に出てきた『高崎家』

この場所は、大分市の住宅街『高崎』です。

 

住所:大分県大分市高崎

 

田ノ浦ビーチ

ビーチ

船

建物

「君愛」で、海賊船の遊具のあるビーチとチャペルのような形をした休憩所のある人工島。

 

場所の名前は『田ノ浦ビーチ』

海とビーチ

子どもに大人気の海賊公園です。

 

住所:大分県大分市神崎4253

 

稲荷神社

まさかの事件が起こる“いつも行っている稲荷神社”は、竹田市にある『扇森稲荷神社』がモデルになっています。

 

住所:大分県竹田市拝田原

 

デパート「トキワ」

デパート

大分のデパート「トキハ」前の横断歩道も作品の舞台になっています。

 

デパートの名前は『トキハ 本店』

デパート2

 

住所:大分県大分市府内町2丁目1−4 大分トキハ本店地下1F

 

また、トキハの中にある書店「リブロ大分」では『僕愛・君愛』のパネル展が開催されているようです↓

聖地巡礼の際には、リブロ大分のパネル展にも足を運んでみてください。

 




「僕愛」「君愛」原作者・乙野さんの故郷だった

作家

作者の乙野四方字さんは、大分県豊後大野市出身です。

 

アニメの制作のために県内をロケハンをして、風景を表現したそうです。

乙野さん「せっかく大分に生まれたんだから何か大分のいろんなところに行ってみようと思って、実際行ってみたら小説の舞台にすごくいいなっていうところがいっぱいあった。

それこそ昭和通り交差点のレオタードの女なんかも何回もあそこを通っていたのにそんなものがあることも知らなかったんですよね。そして気づいたらそれが魅力的に思えてきて」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/067c9b5b9ee98c33aa52b9c09f06470c4b9fe586

 

『僕愛』『君愛』あらすじ

「僕が愛したすべての君へ(僕愛)」あらすじ

アニメポスター1

「僕が愛したすべての君へ(僕愛)」あらすじ

両親が離婚し、母親と暮らす高校生の高崎 暦(たかさき こよみ)。ある日、クラスメイトの瀧川和音(たきがわ かずね)に声をかけられる。 85番目の並行世界から移動してきたという彼女は、その世界で2人が恋人同士であると告げる・・・。

 

「君を愛したひとりの僕へ(君愛)」あらすじ

アニメポスター2

「君を愛したひとりの僕へ(君愛)」あらすじ

両親が離婚し、父親と暮らす小学生の日高 暦(ひだか こよみ)。ある日、父の勤務先で佐藤 栞(さとう しおり)という少女と出会う。 お互いに恋心を抱くようになる暦と栞だったが、親同士が再婚することを知らされる。 ふたりは兄妹にならない運命が約束された並行世界への駆け落ちを決断するが・・・。




「僕愛」「君愛」 聖地巡礼を紹介!舞台になった大分の交差点や公園の場所は?まとめ

今回は「僕愛」と「君愛」のモデルとなった聖地をご紹介していきました。

作品を観た方は、ぜひ聖地となった大分に足を運んでみてくださいね♪

 

ベストセラーになった原作↓

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)
人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された時代――両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦(たかさき・こよみ)は、地元の進学校に入学した。勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音(たきがわ・かずね)に声をかけられる。彼女は85番目の世界から移動してきてお...
君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)
人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界―― 両親の離婚を経て父親と暮らす日高暦(ひだか・こよみ)は、父の勤務する虚質科学研究所で佐藤栞(さとう・しおり)という少女に出会う。 たがいにほのかな恋心を抱くふたりだったが、親同士の再婚話がすべてを一変させた。 もう結ばれないと思い込んだ暦と栞...

コメント

タイトルとURLをコピーしました